心を育む

マナーの心で、命の大切さを伝える『ゆう子リンのマナー講座』

近年、いじめや虐待など子どもをめぐる暗いニュースが後を絶ちません。そのニュースを見るたびに、心を痛めると同時に「相手を思いやる心」が枯渇しているのではないかと考えていました。「相手を思いやる心=自分を大切に思う心」は、マナーの基本です。その「互いに思いやる心」が溢れる状況をつくれば、悲しい事件は起きないはず。そう信じ、子どもにマナーの意味や大切さを伝え、「相手も自分も思いやる心」を育むことをライフワークにし、国内外の小中学校を中心に活動しています。

例えば、お辞儀にはどんな意味があるのでしょうか?
大人でも答えを知らない人が多いと思います。人間の急所である頭を差し出すことで「私はあなたの敵ではありません。あなたを大切に思っています。敬っています。」の意味があります。お辞儀は知っていても、お辞儀の意味を知っている人は少ないかもしれません。このように、挨拶、身だしなみ、敬語なども意味を正しく理解することでマナーの必要性はもちろん、思いやりの心を育むことができます。

かつて、英国のビクトリア女王がアフリカの王様を晩餐会に招いた際、王様がフィンガーボウルの水を飲まれました。その様子を見た女王は、王様と同じようにフィンガーボウルの水を飲まれた、というエピソードがあります。相手に恥をかかさず、思いやる心。これこそがマナーの真髄だと、私は教わりました。相手も自分も大切にする心がわかれば、笑顔が増えて社会は少しずつ変わるはずと、私は信じています。

教職員や保護者からのご依頼、また教職員組合や教育委員会の協力もあって、他の講演や企業研修の合間を縫い、多い時には年間およそ50校訪れることもあります。子どもたちを対象にした授業ですが、教職員研修やPTA会へのご依頼も増えています。
毎年、たくさんの嬉しい感想をいただきます。この活動を通じて、微力ながらも社会貢献ができるよう継続していきます。

『ゆう子リンのマナー講座』ご依頼について
・児童、生徒への授業は、貴校既定のゲストティチャー費用のみ交通費として頂戴いたします。
・教職員、保護者会の研修・講演・セミナー料金につきましては、随時ご相談ください。
※海外、地方の教育機関へも積極的に伺います。費用のご心配は不要です。

児童・生徒の感想

感想1
感想2
感想3
感想4
感想5
感想6

保護者・教職員の感想

感想1
感想2
感想3
感想4
感想5
感想6
感想7
感想8
感想9
感想10
PAGE TOP